サプリによるリスク軽減と量に関する注意点

体内の物質状況によっては、リスクが高まる事がたまにあります。というのも物質は、必ずしもバランスが取れているとは限りません。特定の栄養分が不足する事もたまにあるので、何らかの形で補うと、リスクは低くなる場合があります。

例えば、セサミンやきなりといったサプリです。きなりサプリの成分はDHA・EPAですがそのような栄養分は、なかなか日常食品で摂取するのが難しい場合があります。とりわけ青魚などは、食生活によっては不足してしまう事もあるのです。それでバランスの崩れがしまう事もあります。

しかしサプリを服用すると、それを補うことができます。それで中性脂肪などのボリュームを減らすことも可能ですから、サプリを服用するのは意味がある訳です。

ただし服用するにしても、摂取目安量を守る必要があります。1日に1粒と定められているなら、それ以上で摂取しないことが大切です。量が多くなってしまうと、過剰服用でネガティブな状況になりかねません。したがって適量を心がける必要があります。

DHA系のサプリは古くからあるのできなりサプリを比較するときはなるべく多くの商品を比べるといいです。

 

慢性閉塞性肺疾患は生活習慣病の一つです

慢性閉塞性肺疾患とは、従来慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。タバコの煙などの有害物質を長期に吸入することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病です。

慢性閉塞性肺疾患の最大の原因は喫煙であり、喫煙者の5人に1人が慢性閉塞性肺疾患を発症すると言われています。タバコの煙を吸入することで肺の気管支に炎症が起きて、たんやせきが出たり、気管支が細くなることで空気の流れが低下してしまいます。

また、肺胞が破壊されてしまい肺気腫になってしまうと酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下してしまいます。喫煙習慣のある人は、人間ドッグや健康診断での肺機能のチェックをおすすめします。喫煙習慣の見直しも重要です。

禁煙することが第一ですが、少しづつタバコの本数を減らす努力をしましょう。厚生省の調査では慢性閉塞性肺疾患は死亡原因の10位になっているというデータもあります。慢性閉塞性肺疾患についてホームページをダウンロードして勉強することも大事です。

 

健康食品について

健康食品といえば、元気になる、足りないものを補ってくれる、元気になる、身体に良い、余分ないらないものを減らしてくれる、法律上の定義は無く、広く健康の保持増進に資する食品として販売、利用されるもの全般を指しているのです。

健康食品は大き国が特定の機能の表示などを許可したものと、そうでないものに分けられます。

特定保健用食品、指定保健用食品は製品ごとに有効性と安全性が審査されていることが特徴です。栄養機能食品は、表示できる栄養成分と量に基準があります。製造者が基準を満たしたという自己認証の表示食品になります。いわゆる健康食品は一般食品になるのです。

実際に健康食品には、健康の保持増進効果があるかどうかが確認されているものもあれば、そうでないものもあるのです。

そして日本では昭和22年法律台233号は、飲食によって生ずる危害の発生を防止するために、食品衛生法という法律ができました。食器、割ぽう具、容器、包装、乳幼児用のおもちゃについても対象です。